ノーベル医学生理学賞に大隅良典・東京工業大栄誉教授(asahi.com)
(2016年10月03日付)


 スウェーデンのカロリンスカ医科大は3日、今年のノーベル医学生理学賞を、東京工業大の大隅良典(よしのり)栄誉教授(71)に贈ると発表した。授賞理由は「オートファジー(自食作用)の仕組みの発見」。細胞が自分自身の一部を分解し、栄養源としてリサイクルしたり、新陳代謝したりする仕組みを明らかにした。様々な生物に共通する根源的な生命現象の謎を解いた。
 日本のノーベル賞受賞は、昨年の医学生理学賞の大村智・北里大特別栄誉教授、物理学賞の東京大宇宙線研究所長の梶田隆章教授に続き25人目。医学生理学賞は1987年の利根川進・米マサチューセッツ工科大教授、2012年の山中伸弥・京都大教授、大村氏に続いて4人目日本人の単独受賞は自然科学系では利根川氏以来。授賞式は12月10日にストックホルムである。賞金は800万スウェーデンクローナ(約9400万円)。大隅さんは福岡県生まれ。
 呼吸や栄養の消化、生殖など生命のあらゆる営みにたんぱく質は欠かせない。人は体内で1日に約300グラムのたんぱく質をつくるが、食事での補給は70〜80グラムとされる。不足分は、主にオートファジーで自分自身のたんぱく質を分解し、新しいたんぱく質の材料として再利用している。また、病気の原因になる老朽化したたんぱく質などの不要物を掃除する役割も担う。
 1960年代から細胞内で成分が分解されていると考えられていたが、メカニズムや生体内での役割は長年不明だった。
 大隅さんは1988年、単細胞の微生物である酵母の細胞で老廃物をため込む「液胞という器官に注目し、世界で初めてオートファジーを光学顕微鏡で観察した。特殊な酵母を飢餓状態にすると、分解しようと細胞内のたんぱく質などが液胞に次々に運ばれていた。詳しい過程を電子顕微鏡でも記録し、92年に発表した。
 大隅さんはオートファジーに欠かせない遺伝子も次々と発見した。これらの発見をきっかけに、世界中でオートファジー研究が広がり、ヒトやマウスなどの哺乳類、植物、昆虫などあらゆる生物に共通の生命現象であることがわかった。
 パーキンソン病やアルツハイマー病は、神経細胞内に異常なたんぱく質が蓄積することが病気の一因と考えられており、オートファジーはこれらの病気と関係しているという報告もある。がんなど様々な病気の解明や治療法の開発にも貢献すると期待されている。


[松野コメント]

 ノーベル賞といえば、このところ、いつでも複数人での受賞であったような記憶があるが、今回は、日本人の単独受賞。大隅さん、おめでとうございます。
 単独受賞というのは、他の研究者がいなかった、その分野ではその人しか研究していないというようなことなのだと思われる。
 インタビューで、大隅さんは「人と違うことをしようと思った」と言っていたのだが、それが、このオートファジー(自食作用)の研究だったのだそうな。
 「幸運だったことは、液胞が、光学顕微鏡で見えたこと」とも語っている。液胞は細胞内ではかなり大きな組織であるため、特殊な顕微鏡は必要なかったのがよかったのだそうだ。
 記者会見での一コマが記憶に残っている。「立派な髭ですね」という質問に対する答えだ。「留学するとき、僕は童顔だったのでなめられないように、髭を生やしたんですよ」と。
 今年も日本人の研究者の、基礎研究がノーベル賞をもらった。僕は、“基礎研究というのは、直接何の役に立つかわからん研究が多い。しかし、今回のように、後になってから、大きく人命救助に役立つ結果を生んだ研究のことを言う”のだと思う。日本人は、すぐに、「その研究がなんの役に立つのですか?」と質問したがるのだが、はやく、その質問をするのをやめようよ研究者には、自分が気になって仕方がない面白い現象を研究させてあげたいものだ。そうでないと、ノーベル賞などの世界的な賞は、若い研究者世代には程遠いものになってしまうと思うのだが、いかがだろうか。



この記事は、無断転用が禁じられていますので、この下のURLから記事を参照してください。
http://www.asahi.com/articles/ASJB15QTZJB1UBQU00L.html



トップへ
戻る


(C) Copyright 2001-2017 MATSUNO Seiji
Ads by Sitemix