本庶佑氏にノーベル医学生理学賞 オプジーボ開発でがん免疫療法革命(中日新聞)
(2018年10月02日付)


 スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学生理学賞を、がんの新しい治療法を切り開いた本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授(76)と、米テキサス大のジェームズ・アリソン教授(70)に贈ると発表した。授賞理由は「免疫の働きの低下を防ぐがん治療法の発見」。治療の可能性を大きく広げたことが評価された。医学生理学賞は一昨年の大隅(おおすみ)良典・東京工業大栄誉教授に続き日本人で5人目。日本出身のノーベル賞受賞者は、米英国籍者を含め27人となった。
 二人はいずれも、がん細胞が人間の免疫の攻撃から逃れる仕組みを発見した。その仕組みを抑える薬が、二人の研究成果をもとに開発され、これまで治らなかったがんが、免疫の力で治るようになった。
 アリソンさんは一九九五年、免疫の主役の一つで白血球の一種であるT細胞の活動を抑える「CTLA−4」というタンパク質が、T細胞の表面についていることを発見。本庶さんは九八年、別の「PD−1」というタンパク質がT細胞を止めることを発見した。二つはいわば免疫にブレーキをかけるスイッチだ。がん細胞はこのスイッチを押してT細胞の攻撃を免れていた。
 「スイッチを押せなくすれば、ブレーキがかからずT細胞はがん細胞を攻撃し続けるはず」と考えた本庶さんは、小野薬品工業(大阪市)などと協力し、PD−1のスイッチにふたをして押せなくしてしまう新薬オプジーボを開発。一四年に世界に先駆けて日本で承認された。二人の研究を出発点にした薬は、世界の製薬会社がこぞって開発に力を入れ、がん治療に幅広く使われ始めている。
 本庶さんは京都大で開かれた会見で「がんが治った人に、あなたのおかげだと言われると何よりもうれしい。さらに多くの人を救えるよう研究を続けたい」と喜びを語った。
 授賞式は12月10日にストックホルムで開かれる。賞金は900万スウェーデンクローナ(約1億1500万円)を二人で等分する。



本庶佑(ほんじょ・たすく)> 1942年京都市生まれ、小学校から高校まで山口県宇部市で過ごす。京都大医学部を経て71年に同大大学院医学研究科博士課程を修了し、米カーネギー研究所研究員。東京大助手時代の78年、抗体が、迎え撃つ異物に合わせて姿を変える「クラススイッチ」の仕組みを解明した。79年大阪大教授、84年京大医学部教授。2012〜17年に静岡県公立大学法人理事長。17年に京大特別教授。恩賜賞・日本学士院賞、ロベルト・コッホ賞などを受賞。文化勲章、文化功労者。京都市在住。



オプジーボ> 小野薬品工業が2014年に発売した新たな種類のがん治療薬。体内の異物を攻撃する免疫の力を強め、がんを排除する「免疫療法」の薬で、手術やがん細胞を破壊する抗がん剤、放射線に続く第4の治療と期待されている。国内では、肺がんや胃がんなど7種類のがんを対象に保険が適用されている。ただ年間1000万円以上かかるとも言われる医療費が財政を圧迫するのが問題点。高額なこの薬を無駄なく使う方法の確立が急務となっている。 (共同)




[松野コメント]

 一昨年に次いで、再びノーベル医学生理学賞を日本人が受賞した。
 がんの治療薬としてのオプジーボ手術抗がん剤放射線に続く第4の治療と期待されている、免疫療法の薬である。本庶さんの受賞をきっかけに、多くのがん患者の方が、オプジーボという薬の存在を知り、日々問い合わせが絶えないとのことだ。
 現在、オプジーボにより、より治療効果が期待できるものだけ、保険適用がなされるとのことであるが、なにぶん、2014年の新薬ということで、歴史も新しく、これからのがん治療の特効薬として期待されているのは事実である。
 記者会見でがん研究を志したきっかけを問われると、京大医学部時代に進行性のがんで同級生を亡くした体験を理由の一つに挙げている。「優秀だったのに気の毒だった。がんは大変な病気だと。少しでも貢献できればと思った」と。
 がんは、多くの人を襲う病気である。他人事ではないと思いつつ、今回の受賞を機に、よりよい治療が発展してほしいと願うばかりだ。
 また、記者会見では、こうも言っていた。
 「生命科学は未来への投資。今もうけている分野にばかりつぎ込んでいては、後れを取る。」
 日本が他国に比べて生命科学分野への投資が少ない点を指摘したことばだ。
 実は、多くの日本人ノーベル賞受賞者は、おなじようなことをいつも言っているのだ。
 基礎研究が大切だ、すぐに成果につながらない研究こそが大切だ、とにかく研究費が少ない・・・。
 そのうち日本からのーばる昇給の研究成果が生まれなくなってしまうのではないか・・・。
 あらためて、本庶さんお口からも同様の言葉が出ていることを、いま一度見直してもらいたいと思う。

この記事は、無断転用が禁じられていますので、この下のURLから記事を参照してください。
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018100202000058.html



トップへ
戻る


(C) Copyright 2001-2018 MATSUNO Seiji
Ads by Sitemix