日本人3氏にノーベル物理学賞 小林、益川、南部氏(中日新聞)
(2008年10月08日付)


 スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2008年のノーベル物理学賞を、小林誠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授(64)と益川敏英・京都産業大教授(68)、南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授(87)=米国籍=に贈ると発表した。小林氏と益川氏は名古屋市生まれ、名古屋大卒で、同大出身者の受賞は初めて。両氏は1973年、宇宙や物質の起源にかかわる「CP対称性の破れ」と呼ばれる現象を理論的に説明し、物質の基になる素粒子のクォークが自然界に少なくとも6種類は存在することを予言した。南部氏は「自発的対称性の破れ」という考え方を60年に発表して素粒子理論に導入、物質が質量を持つ仕組みなどの説明に貢献した。
 日本人のノーベル賞は2002年の小柴昌俊・東京大特別栄誉教授、田中耕一・島津製作所フェロー以来で南部氏を含め15人、物理学賞は7人となる。
 小林氏と益川氏が発表した「小林・益川理論」は、宇宙が137億年前にビッグバンで誕生した際は物質と反物質が同じだけでき、衝突しエネルギー(光)となって消滅したはずなのに、今の宇宙にはなぜ物質だけが残ったのかを説明する「CP対称性の破れ」という現象は、クォークが最低でも6種類なければ起きないと、その仕組みを行列の計算を通じて解き明かした。当時はクォークが3種類しか知られておらず大胆な予想だったが、95年までに発見された。
 物質と反物質を構成する粒子に微妙なずれがある「CP対称性の破れ」によって現在の宇宙が存続できていると考えられており、両氏の理論は現在、素粒子物理学の基礎となる標準理論の一部を構成している。2人は同年、第48回中日文化賞を受賞した。
 理論の正しさは2001年に高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市)の「Bファクトリー」など日米の実験で確認された。
 南部氏は、まっすぐに立っていた棒がどこかに倒れるように、自然は特別なある方向を選んで対称性が破れるという考え方を物理学に導入。宇宙が誕生した直後には質量がなかった素粒子が質量を持つようになる仕組みを説明し、現代の素粒子理論の基礎を築いた。
 南部理論は、ノーベル賞を受賞したワインバーグ・サラム理論、小林・益川理論へとつながった。今回のノーベル物理学賞は、日本の伝統ともいえる理論物理学が、現代物理学の発展に大きく貢献していることを示した。
 賞金は1000万クローナ(約1億4000万円)。南部氏が半分、小林氏と益川氏が4分の1ずつ受け取る。授賞式は12月10日にストックホルムで開かれる。

◆小林氏と益川氏、異質交わり「理論」生む

 努力家で実験データにも詳しい小林氏と、いろいろなことに興味を持ち数学的なテクニックにたけた益川氏。異なるタイプの絶妙な組み合わせが、ノーベル賞に輝いた「小林・益川理論」を生んだ。
 2人が、素粒子論でディスカッションし始めたのは、益川氏が名古屋大助手で、5年下の小林氏が同大大学院に進学してから。益川氏は小林氏の印象を「大変よくできる学生」、小林氏は益川氏を「洞察力の鋭い、数学に強い人」と見ていた。
 間もなく、益川氏は京都大に移ったが、手紙のやりとりなどで議論を続けた。2年ほどして小林氏も全国公募に応じて京大助手に。2人の議論はさらに深まった。
 益川氏は小林・益川理論の基本となった行列の扱いに詳しく、CP対称性が破れるような新しい物理モデルの種をいろいろ考え出してきた。
 「新しいアイデアを思いついて小林君に持っていくと、彼は実験例を挙げて『これは矛盾する』『これはあかん』と全部つぶしちゃう」と益川氏。小林氏も「考え方が違うと両方とも譲りませんから」と、当時の激しい議論を振り返る。
 こうしてアイデアを出してはつぶすことを繰り返すうち、2人はクォークが当時知られていた3種では、どうやってもCP対称性の破れは説明できないのではないか、という考えに行き着いた。
 ある日、入浴中の益川氏が、風呂桶(おけ)をまたいだ瞬間「あっ、6元にすればいける」とひらめき、クォークが6種類あるモデルを小林氏と詰めに詰めた。
 最終的に英語の論文を書いたのは小林氏。益川氏が「英語は極端に苦手」だったからだ。そのわずか6ページの共同論文は、1973年に世に出た。
 その後、小林氏は研究機関に移って研究に打ち込んだが「授業好き」の益川氏は、大学を離れなかった。今も京都産業大で講義を続け「若い人の好奇心をくすぐりたい」と、科学の魅力を伝え続けている。


[関連記事] 吉報に喜び控えめ 名大コンビの小林、益川氏

 ナゴヤが生んだ2人の研究者が7日、ノーベル賞受賞者に決まった。名古屋に生まれ育ち、名古屋大で学んだ生粋のナゴヤ人コンビの小林誠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授(64)と、益川敏英・京都産業大教授(68)。「小林・益川理論」と呼ばれる素粒子論での共同受賞だが、小林さんが「われわれの仕事がノーベル賞に値するとは」と控えめに喜べば、益川さんは対照的に「大してうれしくない」。少年時代を福井市で過ごした南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授(87)も合わせたニッポン人の“トリプル受賞”に、恩師や同僚、教え子たちからは祝いの声が続々。ナゴヤが沸いた。
 
◆小林さん「昔の論文、奇妙な感覚」

 「研究者にとって最高の賞。まだ信じられない気持ちです」。受賞の一報を受けて、記者会見場となった東京都内の日本学術振興会の会議室に姿を見せた小林誠さんは、時折困ったように頭に手をやりながら、訥々(とつとつ)と喜びを語った。
 「対象は、何年も前に書いた論文。昔の仕事で賞をいただくのは多少、奇妙な感覚」と戸惑いも見せた。
 長年、ノーベル賞の有力候補と言われ続け、物理学賞の発表日は記者が職場につめかけるのが恒例行事になっていた。「今年も例年と変わらない気持ちで、発表日を迎えた」
 子供のころは特に理科が得意なわけではなかった。一つのことに集中するタイプでもなく、今後も「興味があることをやっていきたい」と淡々と話す。
 受賞実績の研究については「考え方の枠組みを準備するのに時間はかかったが、いったんストーリーが見えてくるとさほど難しくなかった」という。「あまりエピソードはないんですよ」とも。
 会見の途中で麻生太郎首相から携帯に電話が入った。「最近明るいニュースが少なかったのでよかった」と祝福され、「どうもありがとうございます」と笑顔に。若い人へのメッセージを求められると「自分を信じて大いに頑張ってほしい」とエールを送った。
 益川敏英さんからも電話が入った。小林さんが「何かありますか」と話を向けると、益川さんは「また会う機会があるでしょうから、その時話しましょう」。パフォーマンスが苦手な研究者らしいやりとりに会見場からは笑いが漏れた。

◆益川さん、照れ?「うれしくない」

 7日午後7時20分、京都市北区の京都産業大で発表を待っていた益川敏英さんは口を真一文字に結び、紅潮した顔で会見場へ現れた。
 「今年は可能性が高いと思っていた。科学者としてノーベル委員会をウオッチングした成果」と笑った。
 会見ではまず、尊敬する大先輩・南部陽一郎さんとの受賞を喜んだ。「大変尊敬している。南部先生の受賞が実現したことが日本人として一番うれしい」
 ただ、自身の受賞に話を向けられると「何を言ったらいいんだろう」と天をあおいで困ったような表情。「大してうれしくないです。世界の研究者から評価されたときの方がうれしいから。あとは社会のお祭り騒ぎだけです」ときまじめな科学者の顔になった。
 受賞対象となった研究を発表してから30年以上。「人ごとみたいな感じ。益川という人がやったらしいぞ、と」と、ちゃめっ気たっぷりに笑って見せた。
 小林誠さんについては「彼はシャイな人。僕とやっていてもけんかになることもない」と、人物評を披露した。
 日本の素粒子研究が評価された今回の受賞については「湯川・朝永の伝統があり、そういうことを通じて、物理にあこがれを持った側面がある。日本の科学離れの歯止めになればうれしい」と語る。
 英語も苦手で、これまで海外へ行ったことがない。「妻にいつもぶーぶー言われていた。今回は(ストックホルムへ)連れて行きます」と笑った。
 午後8時すぎ、麻生太郎首相からかかった電話で、次世代への言葉を求められ、「科学にロマンを持つことが非常に重要。あこがれを持っていれば勉強しやすい」と答えた。


[松野コメント]
 すごい! びっくりだ。
 何がすごいって、3人とも日本人でノーベル物理学賞を受賞したということにである!
 これまで、日本人だけでノーベル賞を受賞したことはなかったのではないだろうか。日本人は、いままで他国の同研究者の一人として受賞していた。ノーベル賞は、大人の事情があり(?)、日本人だけに送られることはないのだろうとずっと僕は、予測していた。ところが、今回の全員が日本人というこの受賞のニュースは、大変驚かされたのだ。
 日本人の研究が世界的に評価されているのはもちろんのことだが、ついに、ノーベル賞をあたえるスェーデン王立科学アカデミーも、認めてくれたということに他ならないだろう。
 自分ではそのような快挙には程遠いが、同じ日本人として、この瞬間を待っていたし、大変光栄に思う。

 記事中にあるが、風呂桶をまたいだ瞬間にひらめいたというエピソードが印象に残っている。かのアルキメデスも、浮力を見つけるときに、風呂の中でひらめいたというので、人間、今も昔も変わらないのかなぁ、などと感慨深く思ってしまった。

 若者における科学離れが深刻化し、特に物理嫌いが増える最中での、このノーベル物理学賞の日本人だけでの受賞は、物理教育や科学教育に携わる者すべてに、活力を与えてくれたと思う。なにより、僕自身が、大きな感銘を受け、励まされると共に、誇りを持つことができたのだ。
 ちなみに、ノーベル物理学賞は、湯川秀樹氏、朝永振一郎氏、江崎玲於奈氏、そして2002年のニュートリノの小柴昌俊氏の次に一気に3名が受賞者に名を連ねたわけだ。そのほとんどが、素粒子論関係だ。日本の素粒子論研究者は、世界が認める存在になっていることが良くわかる。

 ノーベル物理学賞の受賞、おめでとうございます!



この記事は、無断転用が禁じられていますので、この下のURLから記事を参照してください。
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008100802000051.html
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008100802000061.html



トップへ
戻る


(C) Copyright 2001-2017 MATSUNO Seiji
Ads by Sitemix