ノーベル化学賞に根岸、鈴木氏 有機化合物の合成(中日新聞)
(2010年10月07日付)


 スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2010年のノーベル化学賞を、製薬や電子工業などで幅広く使われる化学合成の方法を開発した北海道大の鈴木章名誉教授(80)、米パデュー大の根岸英一特別教授(75)、米デラウェア大のリチャード・ヘック名誉教授(79)に贈ると発表した。授賞理由は「有機合成におけるパラジウム触媒を用いたクロスカップリング」。3氏は貴金属のパラジウムを使い、効率よく有機化合物が合成できるうえ有害な副産物が出ない画期的な方法を開発、有機合成化学に飛躍的な進展をもたらした。
 有機化合物は炭素原子でできた骨格に、さまざまな原子がついた化合物。合成するには炭素同士を結合させる必要があるが、炭素原子は安定しているため思い通りに反応させるのが難しかった。鈴木氏は1979年、有機化合物の骨格にホウ素をくっつけて結合の目印とし、パラジウムを仲立ちに使うことで、別の有機化合物と狙い通りに結合させる「鈴木カップリング」を生み出した。根岸氏は亜鉛、ヘック氏はハロゲンを、それぞれ目印にして、パラジウム触媒を使うことで反応の効率を飛躍的に向上させたことが高く評価された。

社会貢献でき幸運
 <鈴木章・北大名誉教授の話> 図らずも名誉ある賞を受賞できることを非常にうれしく思う。北大の多くの同僚や学生の一生懸命で真摯(しんし)な努力のたまものだ。研究者は社会に貢献するような研究をしたいと思っているが、考えてもできない。それをできたのは非常にラッキーだった。

夢が現実になった
 <根岸英一・米パデュー大特別教授の話> 恩師が8年前、わたしと鈴木さんをノーベル賞にノミネートしたいと話してくれた。やってきたことを認められても不思議でないと思った。夢が現実になった。ノーベル賞はおとぎ話のような存在だった。


『最高の反応』量産に道

鈴木氏、逆転の発想
 薬やプラスチックなど私たちの生活に欠かせない化合物を作るのが有機化学合成だ。その中でも2つの有機化合物をくっつけて1つにする「クロスカップリング」はその中心的な反応だ。今回、受賞対象となった「鈴木カップリング」は医薬品や液晶など幅広い有機化合物の合成に応用されている。発見の裏には「欠点を長所に」という鈴木章北大名誉教授の逆転の発想があった。2つの有機化合物を1つにするには、炭素でできた骨格同士をくっつけなければならない。炭素の骨格は非常に頑丈だが、逆に、くっつけるのは難しい。
 鈴木氏が有機合成の研究対象に選んだ有機ホウ素化合物は、他の化合物と反応を起こしにくいため、有機合成分野では見向きもされていなかった。だが、鈴木氏は「反応しにくいということは物質的に安定しているということ」と発想を転換した。
 実験では、触媒として貴金属のパラジウムと塩基を加えると一気に反応が進み、しかも不要な副生成物の発生が少ないことを発見。しかも特殊な条件を作らなくても水や空気の中で反応が進む、優れた性質を持っており、有機化合物の大量生産への道を開いた。星の数ほどあるといわれる炭素の結合方法の中で、最も理想に近い「最高の反応」とたたえられている。

 鈴木 章氏(すずき・あきら)1930年9月12日、北海道むかわ町(旧鵡川町)生まれ。54年に北海道大理学部を卒業後、博士号を取得して59年に同学部助手。61年に工学部助教授。米パデュー大への約2年間の研究留学を経て、73年、北大工学部教授に就任した。94年に北大を退官後は北大名誉教授、岡山理科大教授、倉敷芸術科学大教授などを歴任した。2004年に日本学士院賞を受賞。80歳。
 根岸 英一氏(ねぎし・えいいち)1935年7月14日、旧満州新京(現中国吉林省長春)生まれ。53年に神奈川県立湘南高、58年に東京大工学部応用化学科を卒業後、帝人に入社。休職中の63年に米ペンシルベニア大で博士号を取得。帝人に復職して中央研究所に所属。66年に退職後、米パデュー大、米シラキュース大を経て99年からパデュー大特別教授。97年、日本化学会賞。75歳。 (共同)


[松野コメント]
 2010年のノーベル化学賞に、日本人が2名選ばれた。実にうれしいニュースだ。ほとんどの薬品は有機化合物(ベンゼン環にいろいろくっついたような物質)であり、炭素の共有結合でしっかりとベンゼンが形成されてしまっているため、なかなか有機化合物同士をくっつけるという反応をしにくいのが、この「カップリング」という手法で、くっつけることで、どんどん新しい化学物質の合成ができるようになったのである。高校の化学では、有機の分野の“ジアゾ化”のところで、塩化ベンゼンジアゾニウムをつくるときに、「ジアゾカップリング」が登場するので、実は、カップリングという方法は初耳ではない人も多いだろう。「ヘックカップリング」で触媒パラジウム(Pd)が発見され、「根岸カップリング」では間に亜鉛を加えることでよりカップリングがしやすくなり、「鈴木カップリング」では亜鉛(有害)のかわりにホウ素を用いて同じカップリングが起こることを発見、工業化にも成功したと、3人の受賞者のつながりも明らかである。日本の科学の基礎研究は、“昔は”世界最高レベルだったのだ。じゃあ、“今は”? どこかの大臣が大臣になる前の予算決めの会議で言ってましたね。「世界一でなければならないんですか?」 そう、日本は世界一にならなければならないんですよ。それしか日本にはないんだから。それをわかってないのに大臣でだいじょうぶなのか? と個人的には思うのですがねぇ・・・。



この記事は、無断転用が禁じられていますので、この下のURLから記事を参照してください。
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2010100702000004.html



トップへ
戻る


(C) Copyright 2001-2017 MATSUNO Seiji
Ads by Sitemix